漢方相談

ご来局ください。
遠方の方は、まずはお電話をください。

誰だって、いきなり漢方薬を購入するのは心配ですよね?

大船漢方堂薬局では、いきなりお客様に漢方薬を薦めたりはいたしません。「まずは、漢方のことを知りたい。」そんな気軽な気持ちで遊びにいらしてください。店内では調剤漢方薬の他に、漢方製剤、中国輸入薬、民間薬草、生薬の小分け販売、土瓶や煎じ器の関連商品も取り扱っています。

また、漢方処方箋も受付可能です。最初に自分のつらい症状、治したい症状をお話ください。いつごろから、どういうきっかけでそのような症状がでてきたかわかるとよりよいです。漢方医学は自覚症状を重要視します。ご予約なしでお越し頂いても構いませんが、お待たせすることもあります。営業時間内ならば、当日でもOKですので、電話かメールで、お越し頂ける日時をご連絡ください。ベテラン薬剤師が時間をとってご相談致します。

 

2060
問診

あなたの問診表を作成いたします。

次にこちらからあなたの病歴や体質、全身症状、睡眠状態、排便・排尿状態、食事のとり方や嗜好品などを伺って問診表に記入をしていきます。
これは漢方療法をする上で重要なことになります。
直接現在の病気と関係ないことでも必要な事項となります。

あなたにあったお薬を作ります。

じっくりお話を伺った後で、あなたに合わせた漢方薬を処方いたします。漢方薬には、煎じ薬、顆粒剤、粉薬、錠剤、丸剤、液剤などがあり、どの剤型で服用していくか決めます。元々漢方薬は煎じ薬が多く基本の剤型ですが、最近の技術ではエキス剤として顆粒や細粒にすることが可能になりました。
ただ、使う薬方によっては煎じ薬でしかないものもあります。

女性だけでなく、男性、お子さま、など性別・年齢問わず承ります。
 

漢方薬
PA161291.JPG

生活スタイルにあわせた、処方を提案します。

剤型が決まりましたら、煎じ薬の場合は煎じ方や服用方法などを説明します。
また、必要に応じて食事や生活環境のお話もさせて頂きます。

漢方薬の効果は原料である生薬の品質によります。ベテラン薬剤師により吟味された優良生薬を使用しています。安心して服用ください。

1度ご来局頂ければ、発送もいたします。

ご来局お待ちしております。

IMG_0332.jpg
花

主に以下のような病気・症状で、長年の処方実績があります。

狭心症、心筋梗塞症、動悸、高血圧症、かぜ、インフルエンザ、下痢、便秘、痔、肝硬変、胃・十二指腸潰瘍、月経異常、不妊症、花粉症、アトピー性皮膚炎、膀胱炎、前立腺肥大、めまい、目の病気、肩の痛み、貧血、糖尿病、通風、偏頭痛、不眠、子供の病気、ガン予防、花粉症、関節痛、リウマチ、せき・痰、頭痛・発熱、メタボリックシンドローム、冷え、更年期障害

薬剤師紹介

管理薬剤師 宮地 昇

略歴

昭和47年、東京薬科大学薬用植物学教室卒業

川瀬清教授より漢方薬を学ぶ。

同年、薬剤師国家試験合格

昭和51年、中国医薬学院修了

漢方薬局管理薬剤師を経て現在に至る。

日本東洋医学会会員

日本薬剤師会会員

日本中医薬研究会会員

イラスト

薬剤師 宮地 敦子

略歴
昭和48年、東京薬科大学卒業
同年、薬剤師国家試験合格
漢方相談薬局にて元千葉大学薬学部講師吉岡信先生に漢方薬を学ぶ
現在に至る。

イラスト

薬剤師 篠田 亜紀子

略歴
平成14年、東京薬科大学卒業
同年、薬剤師国家試験合格
調剤薬局勤務を経て現在に至る

イラスト